2011年08月10日

34' Wood Boxcar, Soo Line(La Belle)

 La Belle stock#O-301, assembled by the auther
 34' truss rod Boxcar c.1900
 Minneapolis St. Paul & Sault Ste. Marie Railroad, Soo 2394

model_O-301b.jpg

model_O-2b.jpg 妻面の小さな引戸が問題。一説には、車体長に近い丸太等を運搬するときの出し入れ用(アメリカ型鉄道模型大辞典「ランバー・ドア」)。
 また一説には、穀物の投入口。その証拠が、AエンドとBエンドの両方に設けられていること。さらに、表面に記された"DO NOT CLEAT THIS DOOR"の文字。側出入り口を仮の木板で塞いだグレインドア(同辞典)の用法に合致しているのではなかろうか。
 詳細はブログ記事「ラ・ベル木造貨車キット組立の顛末」をご覧ください。

画像をレタッチし、テキストを書換。2015-04-30
What are the small doors on the both ends? Lumber doors or Grain Access doors?
ラベル:La Belle Soo
posted by ワークスK at 13:42| Comment(0) | boxcar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。