2012年01月29日

Reading Crusader, stainless cars (Weaver)

Weaverrogo1 Weaver Models stock#G1229S 1999
 Budd Company 1937
 Reading Railroad, #1 coach observation-#2 coach-#3 diner-#4 coavh-#5 coach observation

00DSC07566.jpg
 
15DSC07576.jpg

Observation #1
21DSC07577.jpg

Coach #2
22DSC07578.jpg

Tavern/Diner #3
23DSC07579.jpg

Coach #4
24DSC07582.jpg

Observation #5
25DSC07583.jpg

26DSC07580.jpg

17DSC07571.jpg

Route_of_Crusader.pngReading Line logo ニューヨークの対岸ジャージーシティとフィラデルフィアとを1日2往復するレディング鉄道の列車が、1937年のクリスマスを前にした12月13日、運転を開始した。全90.3マイルの内、ジャージー・セントラル鉄道CNJの路線に30マイル余を乗り入れる行程で片道1時間半、日曜日を除く週6日の運行であった。(ルート・マップは、2012年末にHOゲージモデルを発売したConcor/GHB Internationalのサイトから引用)

 客車は、この列車のために新製されたバッドBudd社のステンレス製5両1編成で、ちょうど真ん中の3両目がカウンターバー付のダイナー、それ以外は全て座席車で、両端はオブザベーションだった。
 専用の機関車G-1sa、2両は、新造以来19年を経過した古いパシフィック4-6-2から改造されて、客車に合わせたステンレス外被により流線型化が図られた。テンダーの被いを延長して、オブザベーションの先頭部をこの被いの中に突っ込む形で編成美を保つアイデアだった。

 運転開始早々、列車の名前が賞金250ドルで公募された(その辺りを伝える資料)。ニュージャージー州プレインフィールドPlainfield在住のP. W. Silzerという人物が当選し、1938年2月23日にセレモニーが行われた。そして、オペラ・スターのLily Ponsによって「クルセーダー」と命名された。

 1948年からは同年新造のパシフィックG-3が、また1950年からはEMD製のディーゼル機FP7Aが牽引した。下に示したモノクロ写真(「写真で楽しむ世界の鉄道−アメリカ1−」から引用)では単機だが、重連の姿がClassic Trains誌の2000年夏号p16と2002年春号p52に掲載されている。

 また1962年に客車は、同区間を走る「ウォール・ストリートWall Street」と同じスムーズ・サイドに置き換えられた。さらに1967年にはジャージーシティのコミュニポーCommunipawターミナルの閉鎖で発着がニューアーク・ペン・ステーションとなり、同時に編成はバッド社のRDCカー2両に変更され、それが1981年7月30日の最終日まで運行された。(最終日の走行風景

 一方、1962年に退役したステンレス客車は、カナディアン・ナショナル鉄道に買い取られ、モントリオール・ケベック間を走行するル・シャンプレーンLe Champlainとして、1980年代初頭まで運用された。
 1986年にはオブザベーションの元#1がペンシルベニア鉄道博物館に引き取られ、現在はレディング鉄道時代の姿に復元されている。【参考:Kevin J. Holland著"The Steam Liners"Jim Boyer氏の解説(動画あり、鉄道のロゴを拝借)、Mike Carter氏のサイト



 客車と同時に発売された機関車のモデルは次頁にアップしている。


ラベル:RDG '90 WEAVER Streamlined
posted by ワークスK at 15:54| Comment(0) | passenger train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。