2012年01月29日

4-6-2 Reading G-1sa Crusader (Weaver)

Weaverrogo1 Weaver Models stock#G1089S 1999
 Reading shops 1918, streamlined by the shops in 1937
 Reading Railroad, class G-1sa, RDG 117

02DSC07549.jpg
 
01DSC07555.jpg

04DSC07552.jpg

05DSC07535.jpg

06DSC07536.jpg

08DSC07529.jpg

09DSC07533.jpg

10DSC07564.jpg

09DSC07560.jpg

07DSC07541.jpg 11img481.jpg
 クルセーダーは1937年、レディング鉄道が投入した画期的な流線型列車である。
 客車は地元フィラデルフィアのバッド社が製造したステンレス製で、機関車も同じくステンレスで覆われていた。それらの造形には、バッド社と協力関係にあった建築家ポール・フィリップ・クレPaul Philippe Cretが関わったとされる。(アイデア・スケッチ

 機関車は、ペンシルベニア州の鉄道工場で改造された古い1918年製のパシフィック機G-1sa、117と118で、2両は10年間の活躍の後、1948年には新製のパシフィックG-3に置き換えられた。ただし、ディーゼル機FP7Aが登場した1950年までは同列車を牽引することがあったという。そして1952年に廃車、解体された。【参考:Kevin J. Holland著"The Steam Liners"

 機関車モデルと同時に発売された客車は、前頁をご覧いただきたい。
 HOゲージでは、古くは1947年のPenn Line製(MR誌同年8月号p664に広告)があり、レストアの様子を披露しているサイトもある。
 ブラスでは1984年のCB/KMT&Dai Young製が、とれいん誌1988年6月号p30およびGreen River Reportのp10に紹介された。またプラスチック製品は、2012年末にGHBのブランド名でCon-Cor社から発売され、その紹介が"とれいん"誌2013年2月号p4にある。

 右は、1993年にフィラデルフィア郊外のバレーフォージにおいて開催されたNMRA Convention(全米模型鉄道協会定期大会)の折に、記念として販売されたHOゲージモデルで、クルセーダーがモチーフに使われている。
 また"Reading"はペンシルベニア州の都市名に因み、「リーディング」とは読まないので注意。リーディング鉄道 レデング クルセイダー

save4635b.jpg【追記】我が国で戦前に発行されていた「科学と模型」という雑誌の表紙になっていてビックリ(北天堂書店のHP)。昭和13年5月号というから1938年、すなわち登場の翌年ということになる。どういうカラーの図版がもたらされたのか、好奇心をそそられる。2016-09-13


ラベル:'90 WEAVER RDG Streamlined
posted by ワークスK at 17:28| Comment(0) | 4-6-2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。