2012年06月02日

【日本型3線式】直線レール 300mm (KTM/TER)

11DSC09475.jpg

12DSC09477.jpg

14img581c.jpg レール単体の高さは、両側の6.0mmに対して、中央が5.7mmで、絶縁紙の分だけ低くなっている様だ。軌間は32.0mmで、スラックは無い。枕木の長さは58.5mm、枕木とレールを含めた高さは11.5mm。レールを接続する差込部の長さは12mm。1本当たりの重さは55g。
 直線は他に500mm長があった。
 これらの製品は後期のもので、抜け止めが付属している。左はその説明図で、ポイントに添付されていたもの。

 下は、「模型とラジオ」誌1961年4月号付録(TransPacific R.R.)の「鉄道部品ものしり帳」より引用(クリックで拡大)。

模型とラジオ1961年p52.jpg

模型とラジオ1961年p53.jpg


ラベル:KTM/TER
posted by ワークスK at 00:00| Comment(0) | 日欧型3線式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。