2012年06月03日

【日本型3線式】2軸電関 EB5828 (KTM)

 新同品だが、パンタグラフが破損し、ガイシと取付ビス1組を紛失している。

c1DSC09442.jpg
 
c2DSC09264.jpg

c3DSC09444.jpg

c4DSC09440.jpg

03DSC09162.jpg

 オリジナルボックス!
02DSC09163.jpg

c5DSC09266.jpg 車体長(上回り先端)190mm、幅62mm、高さ(モニター)88mm、動輪径27mm、ホイルベース63mm、重量605g。ウエイトは、モーターの反対寄に取り付けて、重量バランスを取るためのものの様だ。

 詳細はカツミ資料館(原典は田口達也著「ヴィンテージ鉄道模型大全」2001年刊p146)、とれいん誌1996年12月号、西原功「だから自由型集めはやめられない」を参照。

 TMS誌2012年6月号p101「広告に見る戦後日本 鉄道模型製品の歴史」連載第48回にEB58が取り上げられていて、それによればEB5815が当初の1959年(昭和24年)発売と考えられ、このEB5828は後年のV3とのこと。
 なお、同じ中西進一郎氏の筆でRMモデルズ誌1999年4-7月号に「EB58物語」なる記事が連載されている。

 次は、科学教材社「模型とラジオ」1961年4月号別冊付録のp58に広告されているセットで、機関車はキットだという。機関車のみでは、キット1.050円、完成品1,250円となっている。

Mora1961_set.jpg

img578a.jpg 左はその3年後の1964年刊「臨時増刊 鉄道模型の製作」の「鉄道模型部品ものしり帳」p20に掲載の単品。

 HOゲージのEB58については、TransPacific R.R.に探求記事をアップしている。3線式Oゲージ


ラベル:KTM
posted by ワークスK at 20:21| Comment(0) | 日欧型3線式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。